米企業CEOの景気見通しが悪化していた

投資・雇用見通し悪化、成長予想も引き下げ

ニューヨーク証券取引所の様子(写真:hiromichi / PIXTA)

[シカゴ 8日 ロイター] - 米経済団体ビジネス・ラウンドテーブルが公表した第2・四半期調査によると、米企業の最高経営責任者(CEO)が今年の米成長率や売上高、雇用の先行きに関し悲観的な見方を強めていることが分かった。

今年の米成長率予想は2.5%で、第1・四半期の2.8%、昨年第4・四半期の2.4%からそれぞれ低下した。調査はマイナス成長に下方改定された第1・四半期の米国内総生産(GDP)統計の発表前に実施された。

今後半年に売上高の増加を見込むとする回答は70%で、前回調査の80%から低下。設備投資が拡大するとした割合は35%と、前回の45%から低下した。

ビジネス・ラウンドテーブルの会長を務める米通信大手AT&Tのランダル・スティーブンソンCEOは「経済成長と雇用創出のけん引役である設備投資の見通しが悪化している点をとりわけ懸念している」と指摘。議会に対し、税制改革の実施や環太平洋経済連携協定(TPP)妥結に不可欠とされる貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法案の可決を求めた。

向こう半年に雇用を拡大するとした回答は34%で、前回の40%から低下した。

今後半年の売上高や設備投資、雇用見通しで構成するビジネス・ラウンドテーブルCEO経済見通し指数は81.3と、第1・四半期の90.8から低下した。同指数の長期平均は80.5。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT