デジカメ増産のニコン、なぜ海外部品を選んだか


 ニコンは一眼レフで世界シェア36%と、キヤノンと2社で市場の約9割を支配。現在は中国や東南アジアを軸に世界需要が旺盛で、「モノがあればあるだけ売れる状態」(テクノ・システム・リサーチ大森鉄男氏)という。

会社側は今期の売上高を9400億円(前期比6%増)、営業利益を680億円(26%増)と計画。JPモルガンの森山久史アナリストは「一眼レフの新製品が寄与するうえ液晶用露光装置も伸びる」と読む。利益率11~12%と高い一眼レフに勢いがあるため、会社予想は大きく増額修正される公算が高い。

震災をきっかけに、調達先の分散を積極化したニコン。国内でのサプライチェーン(供給網)寸断に苦しむ企業が多い中、その柔軟な対応に学ぶところは多そうだ。

◆ニコンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(梅咲恵司 撮影:田所千代美 =週刊東洋経済2011年6月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT