71歳で吉本芸人になった「おばあちゃん」の5年後 路上でチケットさばいていたら周りが大慌て

拡大
縮小
おばあちゃん
71歳で芸人の道に飛び込んだ、芸歴5年目の”若手芸人”おばあちゃん(撮影:尾形 文繁)

「私がマイクに触れると点滴に見えますが、マイクです~」「けっして老人が病院と間違えて迷い込んだのではございません」このつかみから始まり、「朝おきて 今日も元気だ 医者通い」などのシルバー川柳を披露すると、若者で埋まった客席が笑いに包まれる――。

「おばあちゃん」(吉本興業所属)は芸歴5年目、76歳の“若手芸人”だ。2023年6月、芸歴10年目以下の芸人が所属する「神保町よしもと漫才劇場」の劇場メンバーになってからテレビや舞台の出演も増え、注目を集めている。71歳でお笑いの道に入ったおばあちゃんは今、孫ほど歳が離れた若手芸人に揉まれながら何に突き動かされているのか。

500組の中から劇場メンバーに合格

――76歳、デビューから5年目で「神保町よしもと漫才劇場(以下「神保町」)」のメンバーに合格しました。神保町のオーディションライブって、そもそも何組くらいの芸人が参加しているんですか。

(マネジャー)500組から600組くらいです。

――なんと! それだけの芸人たちが必死でしのぎを削って劇場メンバー入りを目指しているわけで、そこに合格したのは快挙ですね。

いえいえ、そんな……そもそも私はオーディションのルールも何も全然知らなくて。5年目までの若手芸人が出られるライブが渋谷の劇場(ヨシモト∞ドーム)で月に3回ほどあって、そこに出させていただいていたんです。

私としてはただ楽しみながらネタをしていたのですが、あるライブの次の日、男の子が「おばあちゃん、昨日受かってたね」って。「受かってたって何が?」「何言ってるの? あと2回ライブを勝ち上がったら、神保町の劇場メンバーになれるんだよ」って。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT