(第70回)2012年度新卒採用動向調査【中間総括】学生の動き

 

●文系は選考延期業界を志望する学生が多い

図表6:今後受けたい業界トップ5


選考開始時期は業種によって異なっていることを前回のリポートで指摘した。銀行、証券、生損保は5月に変更した企業が多く、電機、自動車、鉄鋼、食品業界などのメーカーと、JR東日本、NTT東日本および商社は6月に変更している。
「今後受けたい業界」を聞いたところ、これらの業界が多い。文系では6月以降に選考を開始する「総合商社」がトップだ。2位に「地方銀行」を挟んで、5月選考の「メガバンク」、6月選考の「電機」と、選考を延期した業界が並ぶ。
理系のトップ3は「電機/機械/材料」「医薬/化学/化粧品」「情報処理/システム」。「内定を受けた業界」と同じ順番だが、現在の内定企業よりも大手を目指しているものと推定できる。

●大手志向の強い「早慶」、「こだわらない」が意外と多い「旧帝大」

図表7:今後受けたい企業規模


大学クラス別に大手志向度を見ると、最も「大手志向」が強いのは「早慶クラス」だ。「絶対大手」と「できれば大手」を合わせると55%が大手を志望している。次いで「上位私大クラス」の大手志向度が45%。
やや意外なのは「旧帝大クラス」だ。「大手志向」も43%とかなり高いが、「規模にこだわらない」層が34%もいる。
「規模にこだわらない」層が最も多いのは、「その他私立大学」で40%。「大手志向」は2割弱と最も少ない。

●「仕事内容」「社風」「やりがい」が文系、理系ともにトップ3

図表8:今後受ける企業を選択するポイント


学生の大手志向が強いと言われるが、企業の選択ポイントを聞くと、「企業規模」「知名度」を挙げる学生は意外に少ない。順位に若干の違いはあるものの、文系、理系ともに「仕事内容」「社風」「やりがい」が企業選択ポイントのトップ3である。つまり自分がどんな企業文化の中で、何を実現できるのか、という視点だ。
4番目は文理で項目が異なり、文系が「勤務地」、理系は専攻と関係が深い「業界」だ。

●「就職ナビ」強し、「就職部・キャリアセンター」が2位

図表9:新しい応募先企業をどう探す


選考中の「手持ち」企業がなくなった場合、新しい応募先企業をどう探すかを質問したところ、文系、理系ともに約7割の学生が「就職ナビ」と回答している。2位には「就職部・キャリアセンター」が挙げられている。
就職ナビは便利な道具で、ネット環境があればいつでも閲覧することができる。他のキャリアセンター、先生・友人の口コミ、合同会社説明会などは、自分が移動する手間がかかる。したがってとりあえず就職ナビということになるのは当然だ。
2位の就職部・キャリアセンターとの関係強化も、これからの12年採用では有効といえる。

次回は、2013年卒採用市場を展望してみたい。

HRプロ株式会社(旧社名:採用プロドットコム)
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
人事のプロを支援するポータルサイト「HRプロ」を運営。新卒/中途採用、教育・研修、労務、人事戦略などの業務に役立つニュース、ノウハウ、サービス情報、セミナー情報を提供している。HR担当者向けのセミナーも東京・大阪で開催している。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT