「家を売ったらピザ一生分をプレゼント!」

米ポートランドで住宅市場が過熱

 6月3日、不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。写真は同市で2014年3月撮影(2015年 ロイター/Steve Dipaola)

[ポートランド(米オレゴン州) 3日 ロイター] - 不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。

米国の人気都市であるポートランドでは、一部の住宅をめぐって数十人の購入希望者が争奪戦を繰り広げるケースもみられる。イタリア料理店を経営するドナ・ディニコラさんは、少しでも売り手の気を引こうと「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した。

本人は「ジョークのつもりだった」と話すが、これが功を奏し、同市南東部にある広さ900平方フィート(83.6平方メートル)の住宅を見事射止めることができた。購入価格は27万5000ドル(約3400万円)で、2カ月間は売り手に無料で家を貸すという。

売り手のホリー・マーシュさんは「60日間家賃がタダという条件も初耳だし、ピザの話には本当に大笑いした」と話す。4日に4歳になる長男の誕生日祝いにそのピザを食べに行くかもしれないという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT