「家を売ったらピザ一生分をプレゼント!」

米ポートランドで住宅市場が過熱

 6月3日、不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。写真は同市で2014年3月撮影(2015年 ロイター/Steve Dipaola)

[ポートランド(米オレゴン州) 3日 ロイター] - 不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。

米国の人気都市であるポートランドでは、一部の住宅をめぐって数十人の購入希望者が争奪戦を繰り広げるケースもみられる。イタリア料理店を経営するドナ・ディニコラさんは、少しでも売り手の気を引こうと「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した。

本人は「ジョークのつもりだった」と話すが、これが功を奏し、同市南東部にある広さ900平方フィート(83.6平方メートル)の住宅を見事射止めることができた。購入価格は27万5000ドル(約3400万円)で、2カ月間は売り手に無料で家を貸すという。

売り手のホリー・マーシュさんは「60日間家賃がタダという条件も初耳だし、ピザの話には本当に大笑いした」と話す。4日に4歳になる長男の誕生日祝いにそのピザを食べに行くかもしれないという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。