「家を売ったらピザ一生分をプレゼント!」

米ポートランドで住宅市場が過熱

 6月3日、不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。写真は同市で2014年3月撮影(2015年 ロイター/Steve Dipaola)

[ポートランド(米オレゴン州) 3日 ロイター] - 不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。

米国の人気都市であるポートランドでは、一部の住宅をめぐって数十人の購入希望者が争奪戦を繰り広げるケースもみられる。イタリア料理店を経営するドナ・ディニコラさんは、少しでも売り手の気を引こうと「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した。

本人は「ジョークのつもりだった」と話すが、これが功を奏し、同市南東部にある広さ900平方フィート(83.6平方メートル)の住宅を見事射止めることができた。購入価格は27万5000ドル(約3400万円)で、2カ月間は売り手に無料で家を貸すという。

売り手のホリー・マーシュさんは「60日間家賃がタダという条件も初耳だし、ピザの話には本当に大笑いした」と話す。4日に4歳になる長男の誕生日祝いにそのピザを食べに行くかもしれないという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT