アップル、発火の恐れがある製品をリコール

無線スピーカーを全米で約22万台

6月3日、米アップルは過熱する恐れがあるとして、無線スピーカーを一部リコールすると発表した。写真は4月27日、サンフランシスコの店舗で撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[3日 ロイター] - 米アップルは3日、ワイヤレススピーカーの「ビーツピルXL」スピーカーについて、バッテリーの過熱が原因で発火する恐れがあるとして、一部リコール(回収・無償修理)すると発表した。

米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、全米で約22万2000台、カナダで約1万1000台がリコールの対象となり、過熱の報告がこれまでに8件、アップルに寄せられている。

アップルはリコール対象数や苦情などの数を公表していないが、今回のリコールでアップルやビーツの他製品への影響はないと表明。返品と引き換えに325ドル相当の返金などに応じるとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT