アップル、発火の恐れがある製品をリコール

無線スピーカーを全米で約22万台

6月3日、米アップルは過熱する恐れがあるとして、無線スピーカーを一部リコールすると発表した。写真は4月27日、サンフランシスコの店舗で撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[3日 ロイター] - 米アップルは3日、ワイヤレススピーカーの「ビーツピルXL」スピーカーについて、バッテリーの過熱が原因で発火する恐れがあるとして、一部リコール(回収・無償修理)すると発表した。

米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、全米で約22万2000台、カナダで約1万1000台がリコールの対象となり、過熱の報告がこれまでに8件、アップルに寄せられている。

アップルはリコール対象数や苦情などの数を公表していないが、今回のリコールでアップルやビーツの他製品への影響はないと表明。返品と引き換えに325ドル相当の返金などに応じるとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。