アップル、発火の恐れがある製品をリコール

無線スピーカーを全米で約22万台

6月3日、米アップルは過熱する恐れがあるとして、無線スピーカーを一部リコールすると発表した。写真は4月27日、サンフランシスコの店舗で撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[3日 ロイター] - 米アップルは3日、ワイヤレススピーカーの「ビーツピルXL」スピーカーについて、バッテリーの過熱が原因で発火する恐れがあるとして、一部リコール(回収・無償修理)すると発表した。

米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、全米で約22万2000台、カナダで約1万1000台がリコールの対象となり、過熱の報告がこれまでに8件、アップルに寄せられている。

アップルはリコール対象数や苦情などの数を公表していないが、今回のリコールでアップルやビーツの他製品への影響はないと表明。返品と引き換えに325ドル相当の返金などに応じるとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。