有料会員限定

カリスマ投資家が教える「新NISA」で買いたい株 公認会計士、税理士でもある足立武志氏の秘策

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

新NISAで買いたい銘柄・避けたい銘柄の特徴とは。

NISAと印字されたブロックに腰をかけるミニチュアの人形
(写真:tabiphoto / PIXTA)

特集「株の道場 新NISA時代に勝てる株」の他の記事を読む

2023年に3万円台を回復した日経平均株価はその後も堅調だ。2024年初には新NISAも始動し、個人投資家の流入が活発化するだろう。
『週刊東洋経済』12月16日号の第1特集は「株の道場 新NISA時代に勝てる株」。本特集では『会社四季報』2024年新春号のエッセンスを完全に先取りした。いち早く「お宝銘柄」を見つけるヒントになるはずだ。
週刊東洋経済 2023年12/16特大号(株の道場 新NISA時代に勝てる株)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年12/16特大号(株の道場 新NISA時代に勝てる株)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

日経平均株価が3万円台に定着し、新NISA(少額投資非課税制度)も始動目前の中、個人投資家は株式市場にどう臨むべきか。「会社四季報オンライン」で連載する2人のカリスマ投資家、足立武志氏とDAIBOUCHOU氏の投資術をお伝えする。

 

いよいよ2024年から新NISAがスタートします。

今回の刷新に伴い、非課税期間が無期限となり、1800万円分の生涯非課税投資枠が設けられます。このうち個別銘柄に投資できるのは1200万円までで、1年当たりでは240万円が上限となります。さらに、保有している株式などを売れば、その分の非課税枠が空くため、ほかの銘柄に入れ替えることも可能となります。

「長期投資・長期保有」がNISAの原点

ただそれでも、頻繁に銘柄を入れ替えたり売買を繰り返すのは、現行NISAでも、新NISAになっても不向きなことは変わりません。あくまでも「長期投資・長期保有」がNISAの原点にあると考えたほうがよいでしょう。

こうした特性を踏まえたうえで、筆者が考える新NISAで買いたい銘柄、避けたほうが無難な銘柄は下表のようになります。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株の道場 新NISA時代に勝てる株
いよいよ来年初から! 「新NISA」時代に勝てる株
日経平均は3万円台に定着後も上昇トレンド
トヨタ、NTT、JT、ソニー、松屋フーズ……
三菱UFJ、オリエンタルランド、メドレー……
いなげや、モス、レック、スカイマーク……
パリミキ、ペプチドリーム、岩塚製菓……
ARE、丸井、ヨンドシー、東ソー、オカムラ…
花王、KDDI、ニトリ、大塚商会、テルモ……
オンライン配信翌日に急騰する銘柄が続出
会社四季報新春号の独自情報を発売前に先取り
ストラテジスト・香川睦氏インタビュー
新NISAの"長期投資"にぴったりの銘柄は何か
学研、ツガミ、ノジマ、SBテクノロジー……
ベイカレント、エムスリー、ウィル、ZOZO……
マツダ、ブラザー工業、ドトール・日レス……
自動車、通信、半導体、電機、小売り……
公認会計士、税理士でもある足立武志氏の秘策
資産10億円を達成したDAIBOUCHOU氏が伝授
個人投資家が「株で成功」するための第一歩
「四季報オンラインで有望銘柄を探す」応用編
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内