インテル、167億ドルでアルテラを買収

創業以来過去最大規模の買収に

 6月1日、米半導体大手インテルは米同業アルテラを167億ドルで買収することで合意したと発表した。1月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[1日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>は1日、米同業アルテラ<ALTR.O>を167億ドルで買収することで合意したと発表した。パソコン(PC)向け半導体の需要が鈍るなか、インテルはデータセンター向け半導体など利益率の高い製品のラインナップを拡大したい考え。

買収価格は1株当たり54ドルと、5月29日のアルテラの終値に10.5%上乗せした水準。

インテルにとっては過去最大規模の買収となる。

アルテラの本社は米カリフォルニア州サンノゼ。インターネット検索にかかる時間を短縮するプログラマブル半導体などを製造する。

関係筋によると、アルテラは4月にインテルからの買収提案を拒否していた。

半導体業界では前週、米アバゴ・テクノロジーズ<AVGO.O>がブロードコム<BRCM.O>を370億ドルで買収すると発表。半導体業界で最大の買収案件となる。

今回のアルテラ買収は、半導体業界で今年3番目の規模。

1日のアルテラの株価は、約5.8%高で終了した。一方、インテルは1.6%安となった。

*内容とカテゴリーを追加しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。