インテル、167億ドルでアルテラを買収

創業以来過去最大規模の買収に

 6月1日、米半導体大手インテルは米同業アルテラを167億ドルで買収することで合意したと発表した。1月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[1日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>は1日、米同業アルテラ<ALTR.O>を167億ドルで買収することで合意したと発表した。パソコン(PC)向け半導体の需要が鈍るなか、インテルはデータセンター向け半導体など利益率の高い製品のラインナップを拡大したい考え。

買収価格は1株当たり54ドルと、5月29日のアルテラの終値に10.5%上乗せした水準。

インテルにとっては過去最大規模の買収となる。

アルテラの本社は米カリフォルニア州サンノゼ。インターネット検索にかかる時間を短縮するプログラマブル半導体などを製造する。

関係筋によると、アルテラは4月にインテルからの買収提案を拒否していた。

半導体業界では前週、米アバゴ・テクノロジーズ<AVGO.O>がブロードコム<BRCM.O>を370億ドルで買収すると発表。半導体業界で最大の買収案件となる。

今回のアルテラ買収は、半導体業界で今年3番目の規模。

1日のアルテラの株価は、約5.8%高で終了した。一方、インテルは1.6%安となった。

*内容とカテゴリーを追加しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT