旭日章スリランカシェフが捧げる日本食への敬意 「アジアのベストレストラン50」の和食伝道師

拡大
縮小
ミニストリーオブクラブ
(写真:ミニストリーオブクラブ提供)

アジアの和食伝道師――。

スリランカの首都コロンボで、日本食レストラン「日本ばし」を経営し28年。「アジアのベストレストラン50」にも選ばれるなど世界中で根強いファンを持つ、スリランカの蟹専門レストラン「ミニストリー・オブ・クラブ」のオーナーシェフでもあるダルシャン・ムニダーサさん(52)は、今では世界中でそう呼ばれる機会が増えた。

2014年には、農林水産省日本食海外普及功労者として表彰された。その後、2021年に農林水産省から「日本食普及の親善大使」へと任命された。この賞の保有者は日本政府から和食を広める存在としてお墨付きを得たことを意味するが、選出は世界で187名のみと非常に狭き門でもある。中でも外国人に関してはアジアでわずか4名のみ、とより限定的だ。

今年11月には、スリランカにおける日本食文化の普及に寄与したとして、「旭日章」を受賞している。そんなダルシャンさんだが、驚くことにシェフとして自身は和食店での修行経験はないという。

海外で働く日本人シェフたちの功績もあり、世界的に和食人気は高まっているが、外国人シェフが和食を究め、政府から認定された例は稀有でもある。「日本人の方々に助けてもらった結果、今の私がある」と明かす、和食の伝道師の人生の軌跡を追った――。

この記事の画像を見る(8枚)
ミニストリーオブクラブ
(写真:ミニストリーオブクラブ提供)

家庭で日本食を食べる機会は多くはなかった

9月上旬、ミニストリー・オブ・クラブのスリランカ本店で筆者を出迎えると、流暢な日本語で取材対応を行うダルシャンさん。語学力だけでなく、言葉の節々から感じられる日本への深い理解から、まるで日本人と話しているかのような感覚すら覚えた。

「よく家族の影響で日本食に興味を持ったのか、と言われますが違うんですよ。家庭では日本食を食べる機会はそこまで多くなかったので、単純に僕が食いしん坊だっただけ(笑)。アメリカやいろんな国の食文化に触れて学んでいく過程で、日本の食文化を勉強し、その豊かさに驚かされた。語学もそうで、学校で日本語の勉強はしていないんですが、興味があることを深く知りたいから自然と身についていきました」

ミニストリーオブクラブ
(写真:ミニストリーオブクラブ提供)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT