武田薬品がスイス大手を買収、業績ジリ貧に歯止め


 製薬最大手の米ファイザーによる米ワイスの合併と異なり、一方が他方をのみ込むようなM&Aではない。武田とナイコメッドが並立しながら、ナイコメッドの販売ルートを活用し、武田の主要製品を売っていくようなビジネスモデルになる。

とはいえ、業績を支える新薬の投入が実現しなければ、いずれ壁にぶち当たるのは確かだ。今回、統合後の売上高見通しは公表したが、利益見通しは明らかにしなかった。

経済同友会の代表幹事に就任した長谷川社長にとって、ナイコメッド買収により、懸案だった自社のジリ貧傾向にはとりあえず歯止めをかけた。これで経営を後進に引き継ぐことも可能になり、武田は「ポスト長谷川」の新局面に入る。

◆武田薬品工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(岡田広行 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2011年6月4日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT