ダイムラーと中国バイドゥが開発提携

車載用ソフトウエア開発で

 5月25日、ダイムラーと中国バイドゥは車載用ソフトウエア開発で提携する。写真はメルセデス・ベンツのエンブレム。シュトゥットガルトで2月撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 25日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>と中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)<BIDU.O>は、車載用ソフトウエア開発で提携する。

中国で販売する高級車メルセデス・ベンツにバイドゥのソフトウエアを搭載。スマートフォン(スマホ)からダッシュボードを通じて音楽やインターネットサービスの利用を可能にする。

両社が25日、中国・上海市で開幕した家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)アジア」で発表した。提携車の生産開始時期は明らかにしていない。

自動車メーカーは車内の情報・エンターテインメントサービスの拡充やスマホとの親和性向上を目指しており、テクノロジー企業との提携の動きを強めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。