中国BYD、プラグインハイブリッド拡販へ戦略転換 EV既存車種にPHV版を追加、コスト競争力を反映

✎ 1〜 ✎ 72 ✎ 73 ✎ 74 ✎ 最新
拡大
縮小
BYDはEV専用のサブブランドとして展開していた「海洋シリーズ」の車種に、初めてPHVを追加した(同社ウェブサイトより)

中国のEV(電気自動車)最大手の比亜迪(BYD)は8月25日、同社のスポーツセダン「海豹(SEAL)」シリーズにプラグインハイブリッド車(PHV)を追加すると発表。ベースグレードの予約販売価格を17万6800元(約357万円)からに設定した。

海豹は2022年7月にEV専用車種として発売され、当時のベースグレードの希望価格は20万9800元(約424万円)から。その後、2023年5月に発売したマイナーチェンジ版では最低価格が18万9800元(約384万円)に引き下げられた。だが、今回追加されたPHV版はさらに1万3000元(約26万円)も安い。

新エネルギー車の4割がPHVに

BYDの製品ラインナップには、車名に海洋動物の名前をつけた「海洋シリーズ」と、中国の歴代王朝の名前をつけた「王朝シリーズ」の2つがある。このうち海洋シリーズは、これまでEV専用のサブブランドとして展開していた。

海豹のPHV版の追加は、BYDが海洋シリーズの製品戦略の転換に踏み切ったことを意味する。それは、中国市場でPHVの(EVやエンジン車に対する)競争力が高まっている実態を反映したものだ。

中国汽車工業協会のデータによれば、中国の「新エネルギー車」の販売台数に占めるPHVの比率は、2022年の22%から、2023年1月から7月までの期間には27.9%に高まった。中国の自動車業界では、この比率は今後40%まで上昇するとの見方が主流になっている。

(訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、EV、PHV、燃料電池車[FCV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT