中国の自動車メーカーが「PHV強化」を急ぐ背景 EVの減速を尻目に販売好調、競争激化は必至か

✎ 1〜 ✎ 166 ✎ 167 ✎ 168 ✎ 最新
拡大
縮小
中国の自動車市場ではPHV人気の高まりを受け、新型車の投入が相次いでいる。写真は長安汽車が3月に発売したレンジエクステンダー型EV「深藍G318」(同社ウェブサイトより)

中国の自動車業界で、PHV(プラグインハイブリッド車)の新型車投入や技術開発を強化する動きが相次いでいる。中国市場でEV(電気自動車)の需要拡大がスローダウンする中、PHVは伸び続けていることが背景だ。

3月後半だけで、少なくとも4つのメーカーがPHV関連の発表を行った。国有自動車大手の長安汽車は3月18日、同社の第2世代のレンジエクステンダー型EVプラットフォーム(車台)を採用した新型車「深藍G318」をお披露目した。

(訳注:レンジエクステンダー型EVは、航続距離を延長するための発電専用エンジンを搭載したEVを指す。中国の販売統計上はPHVに分類される)

3月24日には、民営大手の吉利汽車の関係者が一部のメディアに情報をリーク。同社の次世代のPHVプラットフォームを採用した新型車の航続距離が、車載電池とガソリンタンクを満タンにした場合に最大2000キロメートルに達するとアピールした。

2023年の販売台数85%増

さらに3月30日、国有大手の東風汽車集団が新開発のPHVプラットフォームを採用した第1号モデル「風神L7」を発表。同じく30日、国有中堅メーカーの奇瑞汽車も新型PHV「風雲A8」を発表した。

中国の自動車市場では2023年のEVの販売台数が668万5000台に達したが、前年比の増加率は24.6%に低下した(訳注:2022年の前年比伸び率は81.6%)。一方、同年のPHVの販売台数は280万4000台とEVの4割強だったものの、前年比の増加率は84.7%と大幅な伸びを示した。

2024年に入り、EVの販売環境は(参入メーカーの多さや価格競争の激化などにより)ますます厳しくなっている。中国汽車工業協会のデータによれば、2024年2月のEV販売台数は春節(中国の旧正月)の連休が重なった(ために営業日が平常月より少なかった)影響で、前年同月比21.8%減の29万4000台にとどまった。

ところが、同月のPHVの販売台数は18万3000台を記録し、前年比22.4%の増加を記録。EVと比べた勢いの違いが鮮明になった。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT