1個1080円する「日本一のりんご」即完売の凄さ フルーツ生産者を育成するコーチの技【後編】

拡大
縮小
りんご
「釈迦のりんご園」のりんご(写真:銀座千疋屋提供)
日本のフルーツ産業は、安定したおいしさ・美観・供給体制の評価が「高級品」として市場を形成する、世界的にも特異な地位にある。フルーツの生産を極めたつくり手にとって、「1億円プレーヤー」になることも、決して夢ではない。そんなフルーツ界にも、スポーツの世界と同じように、生産者(選手)を発掘し、伴走し、一流として評価されうる舞台へと引き上げるプロフェッショナルがいることはあまり知られていないだろう。
老舗の高級果物専門店「銀座千疋屋」で仕入長を務める石部一保さん(51)はまさに、国内高級フルーツ界の“コーチ”とも“スカウトマン”とも呼べる存在だ。石部さんの伴走の下、一流のフルーツづくりに没頭する精鋭の生産者たちを取材した。全3回でお届けする。
前編:高級メロン農家育てる、銀座千疋屋の凄い仕事術
中編:「埼玉限定のいちご」が高級市場に乗り出した背景

品評会で個人・団体1位のりんご

りんご王国、青森の品評会で個人・団体1位の常連、全国1位の「トップ・オブ・トップ」の座を極めたりんご農家がある。

青森県平川市にある「釈迦のりんご園」だ。同園の社長の工藤秀明さん(63)が作り出すりんごは、水分がたっぷり含まれ、しっかりとした甘みがある。

甘さと水分の秘訣は、土と葉にある。化学肥料と除草剤を一切使わず、100%有機肥料、完熟堆肥の土にこだわる。アミノ酸やリン酸を豊富に含んだ独自配合の木酢液が、葉の表面からも栄養を行き渡らせている。

この「釈迦のりんご園」のりんごは、銀座千疋屋・仕入長、石部一保さん(51)のりんご選びの目線と、果物栽培のそれまでの常識を覆した。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT