マクドナルド「平成風CM」にモヤモヤを感じる背景 その一方で復活メニューには期待が高まる

拡大
縮小
(画像:マクドナルド公式サイトより引用)

日本マクドナルドは5月31日から「たまごダブル」、「焙煎ごま えびフィレオ」、「ジューシーチキン ブラックペッパー」を期間限定で復活販売している。今回販売される3種の“平成バーガー”はいずれも1998年、2006年、2009年に発売されたもので、「平成」の時代に人気を博したメニューだ。

この“平成バーガー”のCMには、池田エライザが出演。平成時代をオマージュした内容となっているが、ネット上では賛否両論を呼んでいる。

平成のトレンドを6変化で表現したCMには、浜崎あゆみの『Boys & Girls』の音楽を起用。池田エライザは、1997年の結婚会見で黒のトップスに『バーバリー』のミニスカートを着用していた安室奈美恵のファションや、2000年代初めに携帯電話『ツーカー』のCMに出演していた浜崎あゆみの衣装、1990年代後半に人気だった篠原ともえのシノラーファッションといった、平成の懐かしいコーディネートを身にまとう。

安室奈美恵風の池田エライザ(画像:マクドナルド公式サイトより引用)

さらには平成の流行語「チョベリグ」も登場するなど、マックのCMには平成のトレンドがちりばめられているのだ。

PUFFY風CMでも波紋を呼んだ

マクドナルドは、今年2月に発売されたアジアンフェア“アジアのジューシー”のCMでも賛否両論を呼んだ。西野七瀬と飯豊まりえが1990年代のヒット曲、PUFFYの『アジアの純真』を、替え歌にし『アジアのジューシー』として披露した。

アジアのジューシー(画像:マクドナルド公式ツイッターより引用)

“アジアのジューシー”はあくまでも PUFFYへの「オマージュ」としてのCMだったが、「懐かしくて、かわいい」といった声が上がる一方で、「本家へのリスペクト不足」の声も上がった。今回の新CMも前回と同じように波紋を呼んでいる。

次ページなぜ架空の平成と言われるのか?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT