ジェブ氏、「米大統領選に出馬」と口滑らせる

前フロリダ州知事が記者団との会話で発言

 5月13日、2016年の米大統領選で共和党の有力候補と目されているジェブ・ブッシュ前フロリダ州知事は、記者団との会話の中で、次期大統領選に出馬すると「意図せず」発言した。ネバダ州リノで撮影(2015年 ロイター/James Glover)

[13日 ロイター] - 2016年の米大統領選で共和党の有力候補と目されているジェブ・ブッシュ前フロリダ州知事は13日、記者団との会話の中で、次期大統領選に出馬すると「意図せず」発言したが、この会話はしっかりビデオに撮られていた。

ブッシュ氏は、ネバダでの記者団との会話で「16年の次期大統領選に『出馬している(I'm running for president)』が、仮に出馬するとしたら、争点はいかに高い経済成長を持続できるかだ」と発言。明らかに自身を大統領候補者だと認めているかのようにみえたが、その直後に、まだ決断は下していないことも示唆している。

その前の会話でも、「公式にはまだ候補者ではない。これまで3カ月間全米を遊説し決意を固めつつあるが、仮に出馬したらどれ程の支持を受けられるのかを見極めようとしている段階だ」とも述べている。

この会話のトランスクリプト(書き起こし)は、ブッシュ氏の側近から提出された。

同氏は12月に大統領選出馬を「前向きに検討する」と発表したが、実際まだ正式に出馬宣言をしていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。