揺れる東芝、3年で500億円の営業益減額も

工事進行基準の会計処理が原因

 5月13日、東芝は過去のインフラ工事の不適切な会計処理をめぐる問題で、2012年3月期から14年3月期までの3年間の営業損益について累計500億円強を減額する可能性があると発表した。都内で6日撮影(2015年 ロイター/TORU HANAI)

[東京 14日 ロイター] - 東芝<6502.T>は13日深夜、過去のインフラ工事の不適切な会計処理をめぐる問題で、2012年3月期から14年3月期までの3年間の営業損益について累計500億円強を減額する可能性があると発表した。工事原価の過少見積もりなどが理由という。

4月3日に社内で設置した特別調査委員会の調査結果の一部として、過年度決算の訂正額の見込みを公表した。

同委員会が調査の対象にしていたのは、東芝単体のインフラ関連(原子力・水力・火力発電など電力システム事業、送配電設備や鉄道関連機器など社会インフラシステム事業、エレベーターやビル管理などコミュニティ・ソリューション事業の3分野)の「工事進行基準」の会計処理。

工事進行基準は、数年にまたがるインフラ工事の進ちょくに応じて、売上高や原価を毎年度ごとに計上する。この会計処理の中で、工事原価を適切に計上していなかったことが分かったという。

東芝は8日に、社外の有識者による第三者委員会を設置する予定を公表済み。人選は今週末の15日をめどに終える予定。

第三者委員会の調査の対象は単体の3分野だけでなくグループ全体に広げる。また、工事進行基準の案件以外も調べていく。この結果によっては、今回公表した決算訂正額が変更される可能性があるという。

東芝は、不適切会計の疑いで2015年3月期の決算発表を6月以降に延期。業績予想は取り下げ、期末配当は無配にすることを発表していた。

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT