二度離婚した45歳「女性官能小説家」自由な生活 コロナ禍に自宅で「ネイルサロン」を開業した

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小
二度の離婚を経験し、今は独身生活を謳歌している野崎真紀子さん(筆者撮影)
アラフォーというと仕事が波に乗って楽しくなり始めたり、育児に追われている人もいたりする世代だ。そんなアラフォー世代が離婚をすると、仕事やプライベートでどんな変化が待っているのか――。20代のときと38歳のとき、二度の離婚を経験した45歳の女性に話を聞いた。

二度目の離婚前は貧乏生活

今回取材したのは官能小説家とネイリストの二足のわらじを履いている野崎真紀子さん(仮名、45歳)。約束していた喫茶店に現れた野崎さんは可愛らしい童顔の女性だった。野崎さんは20代のときと38歳のとき、二度離婚をしている。

「最初の結婚のときは相手がお金持ちだったので専業主婦をしていました。でもその優雅な生活に飽きてしまい、駆け落ちして二度目の結婚をしたのが30歳のときです。でも、二度目の結婚相手の浮気癖がひどくて離婚裁判までして38歳のとき二度目の離婚をしました」

二度目の結婚相手はフリーターで月に15万円ほどしか稼いでいなかったので野崎さんも飲食店でパートをする生活が始まった。パートでは5万円ほどしか稼げないのでカツカツの生活を送っていた。実は野崎さんは結婚前の20代前半に、一度ティーン向け小説家としてデビューしている。

次ページ元夫の浮気発覚が転機に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT