苦境のUUUMが「広告会社へ身売り」を決めた必然 前期に赤字転落、創業者らが保有株売却で合意

拡大
縮小
UUUMのロゴ
フリークアウト・ホールディングスによるTOBが発表されたUUUM。再成長へのシナリオをどう描くのか(撮影:尾形文繁)

「いつもUUUMを応援いただきありがとうございます。僕自身の想いもご報告していきたいですが(中略)TOB成立後に改めてお伝えしたいと思います」――。

国内最大のYouTuber事務所、UUUMの創業者で会長である鎌田和樹氏は8月10日、自身のX(旧ツイッター)にそう投稿した。

広告・マーケティング事業を手がけるフリークアウト・ホールディングスは同日、UUUMに対し、連結子会社化を目的とした株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。同時にUUUM側もこれに賛同する意見を表明した。

フリークアウトは65%を買い付け予定数の上限とし、UUUMの上場を維持する方針だ。買い付け期間は9月8日まで。投じる資金は最大で97億円となる。

今回のTOBに際して、筆頭株主であるUUUM会長の鎌田氏(5月31日時点の株式所有割合29.46%)と第2位株主で個人投資家の梅田裕真氏(同8.77%)が、保有株式すべてを売却する方向でフリークアウトと合意している。買い付け価格は1株当たり727円。リリース前日の終値と同額で、TOBでは一般的なプレミアム(上乗せ幅)はほとんどつかない。

2022年末に資本提携を打診

UUUMはこの数年、収益柱であるアドセンス(YouTube広告)収入が伸びづらくなった影響で業績が足踏みし、7月に発表した2023年5月期決算では過去最大の赤字を計上していた。それだけに、業界内では今後の動向が注目されていた。

フリークアウトはネット広告の配信効率化を実現する「アドテク」と呼ばれる領域に強みを持つ会社だが、急拡大するインフルエンサーマーケティング市場への進出に向けて2022年4月から方策を練っていたようだ。同12月上旬には、数多くのインフルエンサーを抱えるUUUMに対して資本提携の打診をしている。

それから両者の間で複数回の意見交換を行った後、フリークアウト側は2023年5月下旬にUUUMを子会社化する判断に至ったという。

気になるのは、UUUMの創業者で筆頭株主でもある鎌田氏の対応だ。

次ページ名誉顧問として関係を維持
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT