「第2自民党でいい」維新・馬場氏が撤回しない事情 「立憲・共産いらない」の"暴論"にも他党猛反発

拡大
縮小
日本維新の会の馬場伸幸代表(写真:時事)

日本維新の会の馬場伸幸代表の「第2自民党でいい」発言が、政界だけでなくネット上でも炎上している。馬場氏は同発言に絡めて立憲民主、共産両党に対しても「いらない政党」との“暴論”を吐き、自民、公明両党も含めた他党の猛反発にも撤回拒否の構えだ。

維新は今年4月の統一地方選での大躍進以来、次期衆院選での野党第1党奪取に向け、政治的快進撃を続けている。ただ、今回の馬場発言は「自民党にすり寄る本音が出た」(立憲民主幹部)と受け止められ、「有権者の維新への期待を裏切ることになりかねない」(自民幹部)状況だ。

馬場氏の“問題発言”が飛び出したのは23日のネット番組「ABEMA的ニュースショー」。その中で馬場氏は自民と維新の関係について「第1自民党と第2自民党でいい」と発言。その一方で「立憲民主党がいても日本はよくならない」「共産党はなくなったらいい」などと言い放った。

共演者から野党の現状について「立憲からすれば、維新は第2自民党のような存在。自民と戦うのは自分たちで、第2自民党が戦うのは不健全(と考えている)」と水を向けられた際、自らの見解を披露した。

「第1、第2自民党の改革合戦」が国民のため

馬場氏はまた、「第1、第2自民党が改革合戦でどんどん改革をやって、国家国民のためになることを競い合う。それが政治をよくすることにつながる」と強調。「立憲がいらっしゃっても日本はなんにもよくならない」として、立憲・維新の連携についても「未来永劫(えいごう)ない。やるかやられるか、だ」と言い切った。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT