日曜劇場「VIVANT」"半沢直樹超え"見据えた勝ち筋 "日曜劇場アベンジャーズ"企画は吉と出るか

拡大
縮小
VIVANT
メインキャストの堺雅人(右)と阿部寛。濃ゆいトップ俳優のバディにも注目だ(写真:『VIVANT』公式サイトより)

堺雅人、阿部寛、二宮和也、役所広司(出演)、福澤克雄(監督)と、日曜劇場『VIVANT』(TBS系、日曜夜9時〜)はさながら“日曜劇場アベンジャーズ”。第1話のラストに満を持して登場した二宮がツイッターで、『VIVANT』の相関図を見た感想を「こんなにハイカロリーなクラスの担任は嫌だなぁっと思わせる席順」と表していたのが言い得て妙だった。

さらに二階堂ふみや林遣都、林原めぐみとキャストが豪華すぎる。2話以降には松坂桃李も出てくる。

豪華布陣なうえ、モンゴルロケによる圧倒的なスケールで、久しぶりに登場したリッチなエンタメであった。

あの「人気ドラマ」要素がふんだんに盛り込まれている

最近流行りの、事前情報を極力少なくする宣伝方式で、豪華キャストの発表だけして、なんだかすごそうな感じだけを強烈に匂わせた第1話の世帯視聴率は、11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。配信の時代、リアルタイム視聴率はもはや指標にならないとはいえ、この高すぎず、低すぎない数字が絶妙で、これからぐんぐん上がるのか、じりじり下がるのか、非常に気になる。これもまたエンタメ要素のひとつといっていいだろう。図ったわけではないだろうが、『VIVANT』は持ってるんじゃないかという気はする。

はたして、第2話以降、盛り上がっていくのか否か。

(以下、ネタバレを含みます)

第1話を分析して見えてきたものは、人物もストーリーも、すべてにおいて“日曜劇場アベンジャーズ”、お祭り企画にさらに新機軸をプラスした、非常に考え抜かれたオリジナルストーリーであることだ。

はじまりは「誤送金」という、みんな大好き「お金」ネタ。2010年代の日曜劇場の王者「半沢直樹」シリーズのキャスト、スタッフが集結と謳ったドラマだけはあって、「半沢」ファンを離さないサービス精神を感じる。

正確には、神に祈りながら砂漠を歩く堺雅人からはじまったのだが、彼がなぜ、灼熱の砂漠を歩いているかというと、堺演じる商社マン・乃木憂助が、中央アジア・バルカ共和国の企業に140億円を誤送信してしまったことに端を発している。

次ページ『MOZU』『S-最後の警官-』を彷彿とさせる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT