「映画俳優」たちが連ドラに戻ってきた業界事情

妻夫木聡、佐藤健をはじめ続々と帰還

左から佐藤健、妻夫木聡、綾野剛(写真:週刊女性PRIME)

10月期ドラマの目玉のひとつ、TBSの日曜劇場『危険なビーナス』('20年)に、主演することが決まった妻夫木聡(39)。日曜劇場で彼が主演を務めるのは、'04年の『オレンジデイズ』以来、実に16年ぶりだという。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

かつて『ランチの女王』('02年・フジテレビ系)や『ブラックジャックによろしく』('03年・TBS系)、『スローダンス』('05年・フジテレビ系)など、民放連ドラでメインキャストもしくは主演として活躍してきた後、NHK大河ドラマ『天地人』('09年)で主演を果たした妻夫木。

そんな彼が「連ドラ」に出ること自体、『若者たち2014』('14年・フジテレビ系)以来、6年ぶりとなる。

連ドラに戻ってきた俳優たち

妻夫木の例ほど極端ではないが、近年、民放の連続ドラマから遠ざかっていた役者たちが、次々と連ドラに戻ってきている。

映画『バタアシ金魚』での筒井道隆と高岡早紀(写真:週刊女性PRIME)

たとえば、現在放送中の『半沢直樹』('20年・TBS系)で「帝国航空再生タスクフォース」のリーダー・乃原正太役で出演している筒井道隆(49)

90年代に朴訥としたキャラを多数演じ、アイドル俳優的人気を博していた彼が、民放連ドラでは久しぶりの出演となる同作で、かつてのイメージを大きく覆す「インテリヤクザ」的魅力を放っていることは、大きな話題となった。

また、連ドラに戻ってきたことで、ますます需要の高さを示したのが、『恋はつづくよどこまでも』('20年・TBS系)で多くの女性視聴者を悩殺した佐藤健(31)だ。

彼がNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン・鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれた「運命の人」として繊細な美青年・律を演じたのは、2018年上半期。このとき、連ドラ出演は『天皇の料理番』('15年・TBS系)以来、3年ぶりのことだった。

次ページ線の細い佐藤健こそが、至高の美しさだと思っていたが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT