「ゴミ屋敷で兄姉が死亡」遺族が直面した衝撃事実 片付けとともに心の整理、その先に見えた答え

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小

兄と姉を亡くした次男には大きな後悔が残った。

「頼ってくれればどうにかなったんかなとか、生きているときに僕が顔を出していたら何か変わってたんかなとか、やっぱり突然のことだったので、ああしていたらよかった、こうしていたらよかった、もうそれしかないですね。困っていたらそこで言うやろうし、逆にもう誰を頼ったらいいかわからへんみたいな人にもし兄弟がおるんやったら、言ってくれたら兄弟なんやから何とかするし、そこで一言なかったからすごいモヤモヤするし、元気やったら元気やでっていう一言があるだけで、もうそれだけで大丈夫だと思う」(次男)

ゴミ屋敷での孤独死
家の真ん中にキッチンがあるが、2人で過ごしていた痕跡はない(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)
ゴミ屋敷での孤独死
各々の部屋に置いてあった調味料。家庭内別居状態だったことがうかがえる(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)
ゴミ屋敷
片付け後のキッチン。まずはこの部屋を一掃し、左右の部屋の動線を作った(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)

「無責任だ」と他人を非難するのは簡単

次男が2人の住む家に入ったのは、6年ぶりのことだったという。それだけ後悔するのであれば、なぜ6年間も家に行かなかったのか。そんな意見が出てきそうだ。しかし、イーブイの二見社長は「そんなの第三者がわかることじゃない」と言う。

「たとえば孤独死した母の家に数カ月帰っていなかった子どもを非難している人がいたとして、遠方に住んでいる可能性とかは考えないのかなって思います。あなたは親が近くに住んでいるかもしれないけど、北海道と沖縄で離れて暮らしている親子だっています。結局、問題を考える頭になっていないんです。その人が想像しているよりも問題は遥かに複雑なんです。後からいろいろ言う人がいますが、そんなの言った者勝ちじゃないですか」

連日、あらゆる問題を抱えたゴミ屋敷の住人と接している二見社長だが、最近、あらためて考えさせられるような出来事があったという。

国内初の内密出産を報じたニュースを見たときのことである。赤ちゃんを産んだ10代の女性が匿名を希望し、母親の名前を記さずに出生届を出す方針を病院が固めたというものだった。

二見社長も初めにこのニュースを見たときは、「なんで自分の子どもなのに頑なに名前を隠すんだろう」と疑問に思ったそうだ。しかし、精神科医の知人にその話をすると「それは考えが足りないだけだ」と言われた。精神科医によれば、このような事例は少なくないという。

ゴミ屋敷での孤独死
空箱に積もったほこり。この家での止まった時間が表れているようだ(写真:「イーブイ片付けチャンネル」より)
次ページ「悲しい思い出がなくなったなって思って」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT