電動キックボード「時速6kmモード」の現実解 歩道を走る新たなモビリティに問われるモラル

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
Luupが渋谷区、渋谷警察署と共同で行った記者発表会の模様(筆者撮影)
Luupが渋谷区、渋谷警察署と共同で行った記者発表会の模様(筆者撮影)

2023年7月1日、ついに「特定原付」としての新しい電動キックボードが、解禁となった。

午前9時過ぎ、小雨交じりの東京・渋谷駅近く。MIYASHITA PARKに続く小道にLuup(ループ)の電動キックボードが約200台、ずらりと並んだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

これは、同日に施行された「道路交通法の一部を改正する法律(令和4年法律第32号)」に際して、Luupが渋谷区、渋谷警察署と共同で行った新交通ルール講習会に関する記者発表の模様だ。

同法によって、「特定小型原動機付自転車(警察庁による略称:特定原付)」という車両区分が新設された。これに伴い、Luupで運用する電動キックボードもすべて「特定原付」に移行する。

小型特殊から特定原付へ

Luupといえば、国内最大級の電動キックボード/電動アシスト自転車シェアリングサービス事業者として知られてきた企業だ。

これまでに東京、大阪、横浜、京都など全国各地で、電動キックボード/電動アシスト自転車計1万台以上と3500カ所以上の貸し出しポートを設置している。ただし、2021年4月から2023年6月末日まで行われていたのは、国の産業競争力強化法にもとづく「実証実験」だった。

そのため、車両区分を「小型特殊自動車」として“クルマ扱い”としたうえで、最高速度を時速15kmに抑えることで、ヘルメット着用を任意とする措置を講じてきた。

実証実験を行っていたときのLuupのステーション(筆者撮影)
実証実験を行っていたときのLuupのステーション(筆者撮影)

また、走行場所についても、車道、普通自転車専用通行帯、自転車道、また自転車が走行可能な標識のある一方通行路など“自転車とほぼ同じ”という考えもあわせて用いられた。

このことから、新たに設けられた特定原付という車両区分が、Luup等が行ってきた実証実験の結果を受けて考案されたものであることが、よくわかる。

そして、7月1日の改正道路交通法の施行に伴い、Luupは保有する電動キックボードのすべてを特定原付に移行した。ただし、Luupのように同法施行前に製造されたものについては、事業者の負担を考慮した対応措置がある。

特定原付では必須である最高速度表示灯の装着について、2024年12月22日までの猶予期間が設けられたのだ。また、一部の歩道で通行が可能な「特例特定原付」として時速6kmで走行するための「時速6kmモードボタン」についても、順次搭載を進める。

次ページ「時速6kmモード」は本当に必要か?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT