第1四半期のスマホ、サムスンが首位奪還

新製品発売のタイミングが影響

 4月29日、調査会社によると、第1・四半期の世界のスマホ販売台数は、韓国のサムスン電子が米アップルを抜き首位に返り咲いた。シンガポールで24日撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

[ソウル 29日 ロイター] - 調査会社ストラテジー・アナリティックスによると、第1・四半期の世界のスマホ販売台数は、韓国のサムスン電子<005930.KS>が米アップル<AAPL.O>を抜き、首位に返り咲いた。

第1・四半期のサムスンのスマホ販売台数は8320万台。市場シェアは24%と前年の31%から縮小したが、アップルの18%を上回った。

ストラテジー・アナリティックスのエグゼクティブ・ディレクター、ニール・マウストン氏は「アジア各国などでサムスンは依然課題を抱えているが、世界的に見て第1・四半期に状況は安定し、スマホ販売台数トップの座をアップルから奪還した」と述べた。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。