第1四半期のスマホ、サムスンが首位奪還

新製品発売のタイミングが影響

 4月29日、調査会社によると、第1・四半期の世界のスマホ販売台数は、韓国のサムスン電子が米アップルを抜き首位に返り咲いた。シンガポールで24日撮影(2015年 ロイター/Edgar Su)

[ソウル 29日 ロイター] - 調査会社ストラテジー・アナリティックスによると、第1・四半期の世界のスマホ販売台数は、韓国のサムスン電子<005930.KS>が米アップル<AAPL.O>を抜き、首位に返り咲いた。

第1・四半期のサムスンのスマホ販売台数は8320万台。市場シェアは24%と前年の31%から縮小したが、アップルの18%を上回った。

ストラテジー・アナリティックスのエグゼクティブ・ディレクター、ニール・マウストン氏は「アジア各国などでサムスンは依然課題を抱えているが、世界的に見て第1・四半期に状況は安定し、スマホ販売台数トップの座をアップルから奪還した」と述べた。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。