米モンタナ州、TikTokの利用「全面禁止」の衝撃 ダウンロード手段の提供者に1日1万ドルの罰金

✎ 1〜 ✎ 1236 ✎ 1237 ✎ 1238 ✎ 最新
拡大
縮小
民間を含めたTikTokの全面禁止は、全米でモンタナ州が初めてだ(写真はイメージ)

ショート動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用を全面禁止する法律が、アメリカで初めて成立した。モンタナ州のグレッグ・ジアンフォルテ知事は5月17日、州内でのTikTokの利用を禁止し、アプリストアがTikTokのダウンロードを提供するのを認めないとする法案に署名した。

この法案は2024年1月から施行され、違反者には1日当たり1万ドル(約137万円)の罰金が科される。ただし、処罰の対象はダウンロード手段の提供者に絞られ、TikTokのユーザーは対象外だ。

TikTokは中国のアプリ開発大手、字節跳動科技(バイトダンス)の子会社が運営している。その全面禁止の理由について、法案は「中国はアメリカおよびモンタナ州の敵対者であり、モンタナ州民、モンタナ企業、アプリユーザーの知的財産に関する情報収集を行い、企業に対するスパイ活動や国際的なスパイ活動を試みている」と主張している。

法案はさらに、TikTokが未成年者を危険な行動に誘導するコンテンツを削除せず、むしろ助長する可能性さえあり、「モンタナ州民の健康と安全を脅かしている」と糾弾した。

「州民の権利を侵害」とTikTok反論

これに対して、TikTokの運営会社は直ちに声明を発表。「ジアンフォルテ知事はTikTokの利用を違法に禁止する法案に署名し、アメリカ合衆国憲法修正第1条が保証するモンタナ州民の権利を侵害している」と反論した。

(訳注:合衆国憲法修正第1条は、宗教活動、言論、出版などの自由を制限する法律の制定を禁じている)

そのうえで同社は、「モンタナ州の人々がTikTokを自己表現や生計、コミュニティー探しの手段として使い続けられるようにしたい。われわれは、モンタナ州内外のユーザーの権利を守るための努力を続ける」と述べた。

なお、モンタナ州政府に対して訴訟を起こすかどうかについて、TikTokの声明は言及していない。

本記事は「財新」の提供記事です

アメリカのメディアの報道によれば、全米50州のうちすでに34州の政府が、政府の管理下にあるデバイスやネットワーク上でのTikTokの利用を禁止している。しかし、民間を含めた全面禁止はモンタナ州が初めてだ。

連邦政府のレベルでは、議会の要請を受けたホワイトハウスが2月27日、TikTokのアンインストールを連邦政府に指示した。

(財新記者:杜知航)
※原文の配信は5月18日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT