ChatGPTが「愛されるロボット」になるための秘訣 弱いロボット生みの親に聞くAIと人間の関係性

拡大
縮小

これらを含む多くの課題がある一方で、生成AI自体にはすごく可能性がある。人間に補ってもらいつつ人間をサポートするものが作れると、関係性が縮まるだろう。もう少し謙虚だったら生成AIの弱さが見えてくるわけで、そこを自覚できる生成AIだったら面白いはずだ。

まだ計画中だが、僕らはもっと言葉足らずで(自分の不完全さや弱さを自覚できるような)謙虚なChatGPTを作ろうと考えている。使える能力は使いたいが、あのままでは完結してしまっている。

岡田教授は「もっと言葉足らずで謙虚なChatGPT」を構想中だという(写真:本人提供)

――AGI(汎用人工知能)が将来生まれるとして、弱いロボットとは別々に存在していくのでしょうか? それともAGI自体が、弱いロボットの要素も持ち合わせる必要がありますか。

僕らは「アクターネットワーク理論」をベースに考えることが多くて、例えばロボットを作る際、3Dプリンターはそこにあるだけでは価値はない。それを使える学生や、アイデアがある人との関係性の中で、本来の価値が生まれてくる。

そういうネットワークの中にAIがはまって、新たな価値を求められれば、うまく共存できるだろう。独りよがりになって人間が「付き合いきれない」と判断すれば、排斥されてしまうかもしれない。

ただAGIも段々あざとくなってきて、自分の弱さをデザインして人との関係性を見出すようになれば、いやらしいなと感じる。つまり本当はちゃんとできるのに、「ちょっと僕弱いんですよ」と振る舞うことだ。

僕らはロボットを製作するとき、あざとくなるからあえて弱くすることはしたくない。人間もよく考えたら、もともと不完全だから弱いわけで。あえて弱くするのは違う気がする。

ChatGPTには関係性も有能感も生まれない

――効率性だけでなく、非効率性にも価値を見出していく必要がありますね。

例えばチキンラーメンにあるくぼみは、卵を落とすためのものだと思われているが、単にヒントを与えるだけで相手を強制しているわけではない。そこに卵の代わりに刻み葱を落としてみようかと、人の工夫を引き出す余地を与えている。

チキンラーメンのオリジナルの味と自分の工夫のコラボの中で、自分の自律性が担保されると同時に、有能感と関係性がある。それがウェルビーイングをアップさせることにつながる。

弱いロボットも情報をすべて提供しているわけではなくて、人間がどう助けるかは、その人の自由だ。必ずしも効率性を目指しているわけでもないし、自分たちでゴミを見つけるわけではなくて、一緒に見つけていく。

今まで利便性がなんとなく人を幸せにすると思われていたが、与えられたら、「何か違う」「物差しを変えて、もう少しウェルビーイングを意識するべきではないか」という疑問が同時多発的に生まれてきている。その中の1つの解として、弱いロボットがある。

今のChatGPTは関係性が生まれるわけではないし、こちらが賢くなる有能感が出るわけでもない。本来自分たちが求めているものは、効率性や利便性一辺倒のものとは、違うのかもしれない。

武山 隼大 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

たけやま はやた / Hayata Takeyama

岐阜県出身。東京外国語大学国際社会学部モンゴル語専攻卒。在学中に西モンゴル・ホブド大学に留学。2021年東洋経済新報社に入社し、現在ゲーム・玩具業界を担当。

この著者の記事一覧はこちら
印南 志帆 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いんなみ しほ / Shiho Innami

早稲田大学大学院卒業後、東洋経済新報社に入社。流通・小売業界の担当記者、東洋経済オンライン編集部、電機、ゲーム業界担当記者などを経て、現在は『週刊東洋経済』や東洋経済オンラインの編集を担当。過去に手がけた特集に「会社とジェンダー」「ソニー 掛け算の経営」「EV産業革命」などがある。保育・介護業界の担当記者。大学時代に日本古代史を研究していたことから歴史は大好物。1児の親。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT