タコス屋「タコベル」は日本をどう攻める?

海外部門トップに聞く、日本再上陸の勝算

画像を拡大
メニューの豊富さもタコベルの特長だ(撮影:今井康一)

――海外、そして日本市場ではどのような成長をイメージしているのか。

海外では現在250店を展開しているが、2023年までに1300店体制へ引き上げていきたい。日本については、当面は渋谷の1店舗に注力して、いろんな情報を発信していく。

まずは渋谷店を成功させたい。その後はフライチャイズ先であるアスラポートと相談しながら決めていく。日本における今後の出店数については白紙の状態だ。

――今回、アスラポートをパートナーにしたのはなぜか。ヤム・ブランズ傘下なのだから、ケンタッキーやピザハットと一緒にビジネスをする可能性もあったはずだ。

タコベルは総代理店のようなフランチャイズを認めていないので、海外市場に参入するときはパートナーを探して進出することが一般的だ。したがって、(日本KFCホールディングスと)一緒にやるという選択肢はなかった。

アスラポートについては、同社の担当者が米・カリフォルニアの本社まで会いに来てくれた。そういった情熱や、ブランドに対する理解が深い点に、非常に感銘を受けた。さらに、日本でも相当数の飲食店を運営しているので、ノウハウを持っているということも大きい。人材の獲得や教育の面でも信頼できるパートナーだ。

2つの日本独自商品を展開する

画像を拡大
日本独自商品の「タコライス」(530円、撮影:今井康一)

――今回の日本進出に際して、どのような商品を展開していくのか。

今回の進出に当たって、2つの日本限定商品を出すことにした。「シュリンプ&アボカドブリトー」(590円)と「タコライス」(530円)だ。ブリトーは日本人になじみがある具材を使用した一方、タコライスは日本で進化を遂げた商品であることから、投入することにした。

だが、これに満足することはない。商品の進化を継続させて、日本の消費者に受け入れられるようにしていきたい。

――日本に消費者にメッセージを。

タコベルらしいおいしい商品を日本の消費者が味わっていただけることをうれしく思っている。タコベル初心者は豚肉をチョイスしたブリトーを薦めたい。あと、具材を層にして五角形に包んだ「クレンチラップ」も食べていただきたい。これからのタコベルに期待してほしい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。