有料会員限定

地方選での維新躍進が示す「政策競争」時代の到来 「地方議員600人以上」達成、全国化へ一歩

✎ 1〜 ✎ 399 ✎ 400 ✎ 401 ✎ 最新
拡大
縮小

自民党は衆参補選で辛くも4勝。一方、維新は「地方議員600人以上」を達成し、全国政党化へ一歩踏み出した。

衆院和歌山1区補選で初当選した日本維新の会の林佑美氏ほか
衆院和歌山1区補選では、日本維新の会の林佑美氏(中央)が初当選した。右端は同党の馬場伸幸代表(写真:時事)

統一地方選挙と、衆参両院5つの補欠選挙が終わった。その中ではっきりと見えてきたのは、より右に向いて野党をたたく安倍晋三内閣時代の政治の終焉だ。日本維新の会が躍進し、立憲民主党の退潮が進む中、自民党は分裂気味の選挙を繰り返した。イデオロギーに立てこもり、右と左が相互にたたき合うのではなく、どの党であれ、より有効な政策をどう打ち出すかという政策競争の時代に入ったとみるべきだろう。

統一地方選の前半戦は、維新の躍進が目立った。大阪府知事・市長選挙で勝利し、大阪市議会で過半数を獲得。奈良県知事選では、自民党の分裂選挙の合間を縫って、維新の候補が当選した。神奈川県議会では6議席を確保するなど、関西圏の外でも善戦したのである。

こうした維新の躍進は、野党第一党の立民の停滞により、自民党への不満層の受け皿が維新となったことを意味する。

そして4月23日の統一地方選後半戦で、維新は議席を伸ばし、地方議員を600人以上に増やすという目標を達成。奈良県河合町では、大阪府外の市町村長選挙で初となる維新公認の首長も誕生した。

次ページ選挙結果には反映されなかった自民党の支持率
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内