高齢者の不安や孤独に「寄り添う」悪徳商法10選 90万円のリフォーム工事で321万円請求の驚愕

拡大
縮小
高齢女性と給湯器から水漏れすると告げる業者のイラスト
(イラストレーション:丹下京子)
「オレオレ詐欺」をはじめとする特殊詐欺の被害に遭うのは、大半が高齢者だ。なぜ高齢者が狙われるのか。4月3日発売の『週刊東洋経済』の特集「狙われる高齢者 喰い尽くされる親のカネ」では、高齢者が詐欺や悪徳商法に狙われる社会的構造と、加害者たちの実像に迫った。親の資産防衛マニュアルも収録。家族を被害から守るための完全保存版だ。

住宅の床下に潜りながら、男はまくし立てた。

週刊東洋経済 2023年4/8号[雑誌](狙われる高齢者)
『週刊東洋経済 2023年4/8号[雑誌](狙われる高齢者)』(東洋経済新報社)Amazonでの購入はこちら

「もうジュクジュクでございま〜す。湿り気たっぷり。カビだらけ! こんなんほったらかしたら、ほんまに体も悪くなります」

床下点検に来たリフォーム業者の男だ。この点検をきっかけに、大阪府在住の吉永慶子さん(仮名、73)は約300万円の工事を契約させられた。経緯はこうだ。

吉永さんの家に電話があったのは、2019年1月のこと。「床下の点検に来たいという電話でした。数年前にしてもらったシロアリ予防工事の点検だと思い、そう尋ねると相手は否定しませんでした」と吉永さんは言う。

放置すれば病気になる

訪れた業者は以前の工事業者とは無関係だった。床下に潜り、中の映像をテレビに映しながら「放置すれば病気になる」と不安をあおった。吉永さん宅は築52年の木造2階建て。軽度の障害がある40代の息子と2人暮らしだった。

「このまま放っておいて家が傾いたら困る。私がおらんようになっても、息子がこの家で暮らしていけるようにと思って」

業者が提示した工事費用は約90万円。一括で支払うつもりで契約書にサインした。

工事当日の朝、業者はトラック2台と軽自動車2台という大所帯で訪れた。その日現れた社長が床下に入ると、「大変や。このままだと家がガタガタになる」と言って、調湿剤の散布や床下換気扇の設置など追加工事を勧めた。

吉永さんは「お金がない」と断るも、社長は「来年はもっとお金がかかる。分割で払えばいい」と食い下がる。トラックには900キログラムもの調湿剤を含む大量の機材が積まれていた。7人ものスタッフに囲まれた吉永さんは工事を断り切れなかった。

次ページ総費用は321万円に
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT