有料会員限定

広域強盗事件の容疑者「ルフィ」正体暴きは難しい 4人全員が食い違う証言をすれば立証はできず

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

“ルフィ”を名乗った人物を特定するには、「合理的な疑いを超える程度の証明」が必要になる。

強制送還される渡辺優樹容疑者と小島智信容疑者
広域強盗事件の指示役「ルフィ」ではないかと疑われ、フィリピンから強制送還された渡辺優樹容疑者(前列右)と、小島智信容疑者(中列左)(写真:日刊スポーツ/アフロ)

特集「狙われる高齢者」の他の記事を読む

「オレオレ詐欺」をはじめとする特殊詐欺の被害に遭うのは、大半が高齢者だ。なぜ高齢者が狙われるのか。4月3日発売の『週刊東洋経済』の特集「狙われる高齢者 喰い尽くされる親のカネ」では、高齢者が詐欺や悪徳商法に狙われる社会的構造と、加害者たちの実像に迫った。親の資産防衛マニュアルも収録。家族を被害から守るための完全保存版だ。(この記事は本特集内にも収録しています)

広域強盗事件を指示したとされる“ルフィ”の正体についての情報は入り乱れている。

週刊東洋経済 2023年4/8号[雑誌](狙われる高齢者)
4月3日発売の『週刊東洋経済 2023年4/8号』の1特集は「狙われる高齢者 喰い尽くされる親のカネ」。アマゾンでの購入はこちら

仮に、逮捕された全員が「俺はルフィじゃない」「あいつがルフィだ」と互いに食い違う証言を重ねた場合、立証は困難を極める可能性が高い。刑事事件では、誰が、いつ、どのようにして、何をしたのか、という要素を、犯罪の構成要件に当てはめて、一つひとつ立証しなければならないからだ。

立証責任は検察側にあり、しかも「合理的な疑いを超える程度の証明」が必要とされる。言い換えれば、有罪とすることに疑問の余地がある場合は「無罪」としなければならない。「疑わしきは被告人の利益に」や「無罪推定の原則」とは、このことである。

次ページ刑事裁判の争点は「犯人性」に絞られた
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内