日本でインターネットをやるのは今でも大変

鈴木幸一×松本大「神田錦町時代」を語る

鈴木:僕はね、大ちゃんがマネックスを辞めて、次のことをやると思っていたわけ。でも、会社が大きくなって面白くなっちゃったよね、仕事が。

松本:というか、やることが多くて。名刺の裏面を見てください。グローバルにやっているんですよ。

鈴木幸一(すずき こういち)●インターネットイニシアティブ(IIJ)会長兼CEO。1946年神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。72年日本能率協会入社。82年に退社して日本アプライドリサーチ研究所設立。ベンチャー企業の育成指導、産業・経済の調査・研究等を行う。92年12月インターネットイニシアティブ企画設立

鈴木:なるほど、グローバルにやっているね。

松本:グループ全体でみると世界に12カ所オフィスがあって。アメリカのほうが従業員、多いんですよ。7割ぐらいアメリカなんです。アメリカは社員の半分ぐらいエンジニアで、コスタリカにもエンジニアがいます。

そこで進めようとしているのが、グローバルな世界のマーケット情報がローカル語で取れて、かつその世界のマーケットの、どんな国の株でも、債券でも、投信で も売買できる、プラットホーム作りです。これがいったんできると、日本だけでビジネスをやる必要ないわけですよ。だって世界の金融商品が、リアルタイムで 売買できるように世界にアクセスしているので。そしたら、世界にそのシステムを売れるので。

鈴木:なかなか難しいよね、でもね。

松本:もちろん大変ですよ。

レギュレーションが変わらない日本

──インターネットインフラの話としては、2000年前後ぐらいには日米を結ぶグローバル・クロッシングの話も含めて、もう少し日本でもスポットライトが当たっていた記憶がありますが。

鈴木:当時もそうではないでしょう。やっていたのは、うちくらいのものです。アメリカにとっては、もともとインターネットはグローバルそのものだし、トラフィックが爆発する。そのためにインフラも変わるというのは、ごく当たり前なわけです。いずれ通信も放送も一緒になるに決まっている。でも日本はレギュレーションが変わらない。テレビ局もおかしなことをしている。

松本:変わってない。

鈴木:本当の根っこを変えようとしていない国でインターネットをやると、大ちゃんが言ったように、アプリケーション・レイヤーのビジネスしかない。それはそれで立派なんだけど。

──ただ、そのビジネスも、日本からは世界で1位っていうものはない。

松本:それはもう小さいですよ。街の蕎麦屋とか寿司屋みたいなもんですよ。これ、おいしいものをつくりましたので、ここにお客さん、来てくださいみたいな感じ。せいぜいチェーン店ですね。

(撮影:梅谷秀司)

※後編は紙の本を読まないと、人はバカになる

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT