豊羽鉱山閉山へ、鉱山業は「環境・リサイクル業」へ進化

新日鉱ホールディングス<5016.東証>傘下の日鉱金属は、国内最後の自社鉱山・豊羽鉱山を2006年3月末に閉山する。豊羽鉱山は札幌市南区にあり、亜鉛・鉛、インジウムを生産しているが、鉱脈が次第に枯渇していた。
 これで、従業員100人以上の国内鉱山は住友金属鉱山<5713.東証>の菱刈金山(鹿児島県)だけになる。
 鉱山業は土木、機械、電気の総合技術が必要な産業で、日本の近代化の出発点になった産業だ。住友グループが別子銅山から、古河グループが足尾銅山から出たことはよく知られている。日立製作所も日立鉱山の機械部門から出ている。
 古河グループの会社の進化がわかりやすい。足尾銅山(現古河機械金属<5715.東証>)→古河電気工業<5801.東証>→富士電機(現富士電機ホールディングス<6504.東証>)→富士通<6702.東証>→ファナック<6954.東証>と進化して、末端になるほど経営力が優れ、収益力が高い傾向がある。
 現在、鉱山業はどう進化しようとしているのか。それは、鉱山業の技術と施設を利用して環境・リサイクルを拡大することだ。「土壌に有害物質を発見して、取り出す技術は鉱山業と同じ」と同和鉱業<5714.東証>。
 豊羽を閉める日鉱金属も、銅精錬と環境・リサイクルに経営資源を集中する。
【内田通夫記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT