ヤフーがスマホゲームを年内4本投入へ

2年で10本程度を計画

 4月8日、ヤフーが1月に設立したゲームバンクは、事業説明会を開き、スマートフォン(スマホ)向けゲームを年内に4本投入する計画を明らかにした。写真は、ヤフーのサイト、2009年8月撮影(2015年 ロイター)

[東京 8日 ロイター] - ヤフー<4689.T>が1月に設立したゲームバンクは8日、事業説明会を開き、スマートフォン(スマホ)向けゲームを年内に4本投入する計画を明らかにした。

2年間で10本程度のタイトルを投入。「ハードコア」と呼ばれる常時接続ゲームを中心にコンテンツをそろえ、「2010年代中に国内最大のオンラインゲームパブリッシング会社になる」(椎野真光社長)との目標を掲げた。

プロモーションでは、高い集客力を誇るヤフーのトップページを活用。一部ゲームでは獲得したポイントによってヤフー・ショッピングで使えるクーポンをもらえる仕組みを導入するなど、ヤフーサービスとの連携も進める。また、ソフトバンク<9984.T>とも協力、「ワイモバイル」のユーザーに対して体験版を先行配信するサービスも開始する。

収益力を強化するために、国内市場だけでなく、アジア市場も開拓する。北山俊輔プロダクション部長は「日本のハードコア(市場)はシェア10%未満・300億円程度だが、中国や韓国、台湾、香港などは20─30%、計1500─2000億円程度あり、ここに対してコンテンツを提供していく」と語った。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。