衝撃!これが「初任給が高い」トップ500社だ 1位は50万円!20万円台に横並びで集中

印刷
A
A

1位は日本商業開発。初任給はなんと50万円だ。本社は大阪市中央区。テナントによる商業施設開発を前提として底地取得、売却益を得るビジネスを展開している企業だ。

実はこの4月に入社した2名の新入社員が新卒1期生で、これまでは中途採用のみだった。新卒を採用するにあたり、将来の社長候補として優秀な人材を確保するため、「超難関企業」と銘打って初任給を高く設定。また募集当時は名証2部(現在は東証1部)で、学生への知名度が低いという懸念があり、PR効果も狙ったという。

会社側の説明では「高い初任給には早く給料に見合った人材に育って欲しいという期待がある」。平均年収も1000万円オーバーでもともと高い。

2位はスマホアプリのKlabで32万円!

会社四季報春号は好評発売中!(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

2位のKLabは32万円。ソーシャルゲーム開発企業で、スマホアプリに注力している。ゲーム開発を中心としたエンジニアを対象として、高めの初任給を設定している。ここ数年間、ゲーム業界はエンジニアの争奪戦が激しくなっており、上昇傾向にあるのはKLabに限った話でもないようだ。

初任給の最低額は15万円。平均は20万7450円だった。注意したいのは初任給が高いからといって、平均年収の高さや企業の規模、収益性などとは必ずしも結び付かない面があること。そもそも、多くの企業が初任給は世間一般的な相場や業界他社との「横並び」を意識している側面があることも覚えておきたい。象徴的なのは22万円ちょうど(357位)に100社近くが並んだこと。医薬品メーカーの名前がずらっと並んでいるのが印象的だ。 

次ページまずはトップ50社!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT