日本人初「ゴールデンブザーの男」その後の生き様 今は過去に数名命を落とした危険な挑戦を続行中

拡大
縮小
イギリスの音楽プロデューサー、サイモン・コーウェルの発案で2005年にスタートし「ゴットタレント」。アメリカはじめ各国でオリジナル版が展開し、現在では世界70カ国以上で放映されている(写真:OCEANS編集部)
この記事の画像を見る(12枚)

ついに日本でも放送が始まったオーディション番組「ゴット・タレント」。

そして本家の「ブリテンズ・ゴット・タレント」で日本人初となるゴールデンブザーを獲得したのが今回の主人公、岩崎圭一さんだ。

岩崎圭一(いわさき・けいいち)●1972生まれ、群馬県前橋市出身。28歳で日本を飛び出してから21年間帰国せず、世界を放浪中。大道芸で生計を立て、移動は人力のみ。訪れた国は60を超える。2022年5月に挑戦した「ブリテンズ・ゴット・タレント」でゴールデンブザーを獲得し、現在、大西洋を手漕ぎボートで横断中。経過はツイッターをチェック(写真:OCEANS編集部)
当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

審査員や観客の前で披露したのは指輪を使ったマジックだったが、岩崎さんの本業はあくまで旅人。29歳で日本を出てから一度も帰国せず今に至り、50歳となった現在は手漕ぎボートで大西洋のどこかを横断中。

いったいどんな人生を過ごしてきたのか。出航直前、ポルトガルにいた岩崎さんを直撃した。

インドのコモリン岬、通称カニャクマリにて。自身のブログでもこれまでの旅のレポートが時系列で綴られている(写真:OCEANS編集部)

電波少年の猿岩石を見て選んだ「ヒッチハイク」

50歳になっても旅を続ける岩崎さん。聞きたいことは山ほどあるが、まずは旅に出た原点から振り返ってもらった。

「21歳のとき、オーストラリアに住んでいた高校の同級生を訪ねたんです。それが僕の初海外でした。入国審査で話が通じないんですよ。相手の言っていることがまったくわからない。学校で教わった英語も全然通じなくてショックでしたね。

それに、日本と街の造りも全然違うし、車が走る方向も違う。何もかもがこんなに違うのかって、群馬で生まれ育った僕には衝撃でした。これは面白いぞ!って、いつか世界を回ろうと決めたんです」。

次ページ行けるところまで行こう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT