東名阪で一番運賃が安い鉄道会社はどこ?

初乗りはJR西日本、20km乗車なら東急

最後に京阪神交通圏を分析してみよう。中京交通圏と同様に、JR西日本の運賃は他社と比べて安価な傾向にある。

京阪神で「20km最安」は阪急・阪神

特にJR西日本の初乗り運賃の120円は、首都交通圏、中京交通圏の各社と比較しても最も安い。

とはいえ、この金額の運賃での利用客が多数存在すると考えられる大阪環状線では、都心を行く高収益路線でありながら、長らく新車の導入が見送られ、1960年代に製造された電車が営業に就いていたほどだ。他社に合わせて初乗り運賃を150円程度に設定しておけば電車の更新はもっと早く実現していたのかもしれない。

初乗り運賃、そして乗車キロ5・10・15キロメートルで最安のJR西日本を退け、乗車キロ20kmでは阪急電鉄、阪神電気鉄道の280円が最も安くなった。

特に阪急電鉄の場合、初乗り運賃と乗車キロ20キロメートルの運賃との差額が130円と少なく、首都交通圏の相模鉄道とトップタイを記録している。同社の平均輸送キロは14.1キロメートルであり、東京急行電鉄の特徴についての説明と同じく、平均輸送キロを大きく上回る長距離の利用客に対しては比較的安めの運賃を提供しているのかもしれない。

阪急電鉄とは逆に、南海電気鉄道は乗車キロ20キロメートルでの運賃が最も高い。440円という金額は首都交通圏、中京交通圏を含めても最高である。南海電気鉄道の平均輸送キロは16.3キロメートルと、阪急電鉄よりも2.1キロメートル上回るだけ。同社の場合、短距離の利用客があまり多くなく、平均輸送キロ前後の営業キロの利用客が支払う運賃によって、営業収益の大多数を確保していると考えられる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT