中国製造業「コロナ感染拡大」が景況感の重石に 「財新中国製造業PMI」、1月は6カ月連続の50割れ

✎ 1〜 ✎ 1151 ✎ 1152 ✎ 1153 ✎ 最新
拡大
縮小
1月の財新中国製造業PMIは、好不況の目安の50を6カ月連続で割り込んだ(図表作成:財新)

中国では新型コロナウイルスの防疫対策の見直し(訳注:ゼロコロナ政策の事実上の終了)を機に、製造業の景況感が上向きつつある。しかし景気回復の足取りは、まだ確かとは言えない状況だ。

2月1日に発表された2023年1月の財新中国製造業購買担当者指数(製造業PMI)は49.2を記録。前月(49.0)より0.2ポイント上昇したものの、好不況の判断の目安である50を6カ月連続で割り込んだ。

新型コロナの感染拡大を背景に、1月の製造業の事業活動は供給側と需要側の双方で縮小が続いた。その結果、供給側の指標である生産指数は5カ月連続で、需要側の指標である新規受注指数は6カ月連続で、拡大基調と縮小基調のボーダーラインを下回った。

雇用も全体的に厳しい。1月の雇用指数は前月比では上昇したものの、引き続きボーダーラインを下回る水準で推移した。調査対象企業からは、新型コロナの感染拡大により「離職者の後釜を補充したくても採用活動ができなかった」との声も寄せられた。

経済の正常化を加速できるか

そんななか、製造業は引き続き強いコスト上昇圧力に直面している。金属など原材料価格の高止まりを背景に、製造業の仕入れ価格の指標である購買価格指数は4カ月連続でボーダーラインを上回った。

その一方、需要低迷や顧客の値引き要求が高まるなか、コストアップの価格転嫁は容易ではない。製造業の販売価格の指標である工場出荷価格指数は、1月もボーダーラインを下回る水準で推移した。

本記事は「財新」の提供記事です

ゼロコロナ政策の緩和により、企業経営者の先行きに対する見方は(2022年12月を境に)顕著に改善した。1月もそのトレンドは変わらず、製造業の経営者の向こう12カ月間の楽観度を示す指数は2021年5月以降の最高値を記録した。

「製造業に対する新型コロナの負の影響はまだ残っているものの、経営者の間では将来を楽観する声が増えている。感染拡大のショックを乗り越えた後は、経済活動や市民生活の正常化をいかに加速するかが(政府の)経済政策の焦点になるだろう」。財新グループのシンクタンクCEBMのシニアエコノミストを務める王喆氏は、そうコメントした。

(財新記者:夏怡寧)
※原文の配信は2月1日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT