議連がカジノ推進法案の再提出を承認

国会への提出時期は4月初旬に

 3月30日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する諸党派の議員連盟(IR議連)は総会で、IR推進法案を今国会に再提出することを承認した。写真はマカオのカジノリスボア、2月撮影(2015年 ロイター/Tyrone Siu)

[東京 30日 ロイター] - カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する諸党派の議員連盟(IR議連)は30日開催した総会で、IRを解禁するための法案(IR推進法案)を今国会に再提出することを承認した。提出時期は、4月初旬にずれ込む公算が大きくなった。

議連では、自民党、維新の党、次世代の党、太陽の党(4党3会派)が共同提出する段取りを整えたが、議連の岩屋毅幹事長は、連立与党である公明党をはじめとする「議連に参加する政党の足並みをそろえることが大事」と発言。提出の時期については、予定していた年度内の提出にはこだわらず、「できるだけ速やかに」と述べるにとどめた。

統一地方選挙を前に、各党の了承を得ることを優先した格好だ。

法案の付託先も、現時点では未定。これまでのように、内閣府のほか国土交通委員会などの案が浮上している。

(江本恵美)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。