議連がカジノ推進法案の再提出を承認

国会への提出時期は4月初旬に

 3月30日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する諸党派の議員連盟(IR議連)は総会で、IR推進法案を今国会に再提出することを承認した。写真はマカオのカジノリスボア、2月撮影(2015年 ロイター/Tyrone Siu)

[東京 30日 ロイター] - カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する諸党派の議員連盟(IR議連)は30日開催した総会で、IRを解禁するための法案(IR推進法案)を今国会に再提出することを承認した。提出時期は、4月初旬にずれ込む公算が大きくなった。

議連では、自民党、維新の党、次世代の党、太陽の党(4党3会派)が共同提出する段取りを整えたが、議連の岩屋毅幹事長は、連立与党である公明党をはじめとする「議連に参加する政党の足並みをそろえることが大事」と発言。提出の時期については、予定していた年度内の提出にはこだわらず、「できるだけ速やかに」と述べるにとどめた。

統一地方選挙を前に、各党の了承を得ることを優先した格好だ。

法案の付託先も、現時点では未定。これまでのように、内閣府のほか国土交通委員会などの案が浮上している。

(江本恵美)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT