有料会員限定

NHK「独立性の魂」失えば受信料徴収の資格ない 元経営委員の上村達男・早稲田大学名誉教授 

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10
拡大
縮小

公共放送の役割は何か。少数意見を取り上げることも重要だ。

インタビューを受ける早稲田大学名誉教授の上村達男氏
上村達男(うえむら・たつお)/早稲田大学名誉教授。2006年に早稲田大学法学部長。専門は会社法、資本市場法。資生堂社外取締役などを歴任。NHK経営委員会委員、同委員長職務代行者を務めた。著書に『NHKはなぜ、反知性主義に乗っ取られたのか』など。(撮影:今井康一)

特集「NHKの正体」の他の記事を読む

NHKのガバナンスを担保するはずの経営委員会制度。会社法が専門で、経営委員会の委員長職務代行者を務めた経験のある上村達男氏に話を聞いた。

──受信料は強制徴収できるとされています。

受信料を強制徴収できる根拠は、NHKを「公共財」と見なすからだ。放送法の理念は「放送が表現の自由を確保し健全な民主主義の発達に資するために存在する」とされ、放送は憲法の根幹を担っている。民放にも適用される理念だが、NHKはそれに特化した報道機関であるからこそ、受信料の徴収が認められるわけだ。

次ページ政府任命人事と混同した安倍政権
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内