有料会員限定

NHKが集める「デジタル人材」ネット拡大の裏側 地方放送局や取材現場にシワ寄せも生じている

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

NHKは「放送法改正ありき」でインターネット事業を本格化させている。ネット空間で公共メディアとして何を報じるべきなのか。デジタルシフトが加速するが、その中身は不透明で対外的な説明も不十分だ。

建設中の情報棟
建設中の情報棟。2025年から稼働し、ネット配信の拠点にもなる(記者撮影)

特集「NHKの正体」の他の記事を読む

「今月のPVは2億5000万を超えそうだ」。昨年12月、渋谷のNHK本館2階にある報道局が沸いた。サッカーW杯の速報が、ニュースサイト「NEWS WEB」の閲覧数を稼いだ。内部資料によると、同サイトの月次平均PVは2021年度の2.4億に比べ、2022年は1.8億と低調だった。そこに来てW杯の盛り上がりが「特需」となったのだ。

今、NHKが総力を挙げるのがNEWS WEBや放送の同時・見逃し配信を提供する「NHKプラス」をはじめとするインターネット事業だ。

前田晃伸(てるのぶ)会長が掲げた人事制度改革の1つの柱として、2022年春から「デジタル職員制度」を導入。コンテンツのデジタル化を進めるため、社内外からデジタル業務に特化した職員を集めている。人事局は2021年12月、「『全国職員からデジタル職員への移行』募集要項」で社内公募を開始。書類審査と面接でふるいにかけた。

次ページ本格的な事業拡大には放送法改正が必要
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内