有料会員限定

NHK「営業経費削減」で窮地に立つ契約代行業者 戸別訪問を縮小、外部委託も2023年に終了

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

NHKは受信料契約のための訪問営業を縮小。急成長していた営業の代行業者は打撃を受けている。

インターホンを鳴らす男性
写真はイメージ(写真:bluet / PIXTA)

特集「NHKの正体」の他の記事を読む

「これまでの『巡回訪問営業』から『訪問によらない営業』に業務モデルを転換する」──。NHKは2021〜2023年度の経営計画で、放送受信料の契約・収納活動を抜本的に構造転換することを明記している。

具体的には外部委託法人などへの委託費の見直しや、訪問要員の削減などを進める。これにより、受信料値下げ後も営業経費率は 10%を下回ることを目指す。

次ページNHK向けの売り上げは7割に
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内