魚が獲れない時代に「鹿児島・垂水」から学べる事 日本一のカンパチは漁業者たちの姿勢が作った

拡大
縮小
鹿児島県垂水市にある垂水市漁協。養殖カンパチの生産量日本一として知られていますが、カンパチ養殖を成功させるうえでは様々な苦労がありました(写真:著者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)
魚離れや漁獲量の減少、漁業者の高齢化・後継者不足など、日本の漁業を取り巻く厳しい報道が絶えません。
しかし、日本の1人当たりの水産物消費量が減少傾向にある一方で、世界的には増加傾向にあり、人口増加も考慮すると今後ますますの水産物が必要とされています。農林水産省も、日本の水産物輸出拡大を目指して輸出強化に向けた取り組みに積極的です。
そんな中、鹿児島県垂水市にある 垂水市漁業協同組合(以下、垂水市漁協)では、30年以上にわたり地道に根気強く養殖カンパチに取り組み、生産量日本一に。現在は輸出にも注力しています。カンパチ養殖を成功させるうえのさまざまな苦労や試行錯誤を追いました。

日本の養殖カンパチ生産量の約2割が垂水市漁協で作られており、生産量は年間4,500トン、生産額は約50億円にも上る。

桜島を望む錦江湾(鹿児島湾)に漁場が広がっており、この雄大な景色は多くの人の心を惹きつけてやまない。すぐそばに漁協直営のレストラン「味処 海の桜勘」があるため、産地に行って、食べて楽しめる場所もある。朝に水揚げされた新鮮なカンパチを使ったさまざまな料理が提供されており、秘伝のレシピで作られたあら煮は骨まで食べられる柔らかさだ。 

「味処 海の桜勘」の「西郷どん定食」はカンパチの刺身、炙り、あら煮、味噌汁がずらりと並ぶカンパチ尽くしの定食(写真:著者撮影) 

しかし、垂水市漁協がカンパチの日本一の生産地になるまでは紆余曲折があった。

垂水市漁協がカンパチ日本一になるまでの道のりと、その後のさらなる試行錯誤を取材した。

台風襲来での壊滅的な被害

「とる漁業から育てる漁業への転換」が盛んに叫ばれるようになった1960年代、垂水市漁協ではいち早くブリ養殖に着手していた。最盛期の1988年にはブリの生産量は5426トンを記録している。

そこからカンパチ養殖へと転換する大きなきっかけとなったのは、1989年に襲来した台風11号だった。数百台の生簀がすべて海底に沈んでしまうほどの壊滅的な被害を受ける。被災する少し前から、ブリ養殖への参入が増えて価格低迷にも悩まされていた中での大打撃だった。

次ページブランド化への道のり 
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT