日本人が愛した「ジャニーズの名曲」変遷の軌跡 時代と共に読み解く「光GENJI」「嵐」「Snow Man」

拡大
縮小
Snow Man
世紀末に『A・RA・SHI』でCDデビューした嵐。長い下積み期間を経て、2020年末の解散まで国民的アイドルとして愛された(写真:「Johnny's net」より)
2022年も早いもので間もなく終わりを迎える。年末のテレビ番組では、NHK紅白歌合戦ほか歌の特番ラッシュが続く。今年流行した曲、長く愛され続ける名曲、「懐かしい!」と妙なアドレナリンが出るようなスマッシュヒットを聴き比べることができる、最高の「歌の祭りどき」だ。
先月11月16日には、紅白歌合戦の出場歌手が発表されたが、ジャニーズ勢は6組と、同番組における存在感は大きい。そこに賛否両論はあれど、昭和・平成・令和とコンスタントにヒットを飛ばし続けている「ジャニーズソング」は、まさに時代の映し鏡だ。当時の世相や流行を色濃く反映した名曲は、聴くだけでタイムトリップ可能。年末の歌番組に備え、ピックアップしていこう。
(以下、文中敬称略)

 “パステルカラー”の恋愛賛歌『花とみつばち』

1964年、男性アイドルグループ「ジャニーズ」(事務所名と同名、あおい輝彦が在籍)の『若い涙』から始まったジャニーズソングの歴史。1968年デビューの「フォーリーブス」に続き、1970年代、現在のジャニーズの特徴をビビッドにしたのが「郷ひろみ」だ。

そのか細くキュートなルックスと高い声は世の中をどよめかせた。特に『花とみつばち』(1974年)は、今聴いてもマカロン100個レベルのスイートさ! 恋の舞い上がり感が、彼の中性的な個性により天井知らずに体感できる名曲である。

この少し気恥ずかしいほどに甘くやさしい世界観は、ジャニーズソングの王道に。1980年代には『ハッとして! GOOD』などで「田原俊彦」がその旗を受け継ぎ、その後「少年隊」が『君だけに』で愛のスケールを宇宙レベルまで広げて包み込んでくれた。 

平成では、2018年に「King & Prince」が『シンデレラガール』で、令和では2021年に「なにわ男子」が『初心LOVE』で乙女たちの恋心を鷲掴みにしている。

なにわ男子はユニセックスな雰囲気に令和を感じるが、King & Princeの『シンデレラガール』は当時の流行とはまったく関係なく「不変の王子像」をいきなり提示されたイメージ。最初こそ「キング? プリンス? シンデレラ??」と戸惑ったが、キラキラに抗えない自分がいた。そして王道の素晴らしさと、それを見せつけてくる彼らの輝きに感動したものである。両者とも今年の紅白歌合戦に出場。楽しみだ。

次ページマッチのヤンチャ路線を継承したのは…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT