トヨタが、五輪の最高位スポンサーへ

パナ、ブリヂストンに続いて日本企業3社目

トヨタ自動車は、国際オリンピック委員会(IOC)と最高位のスポンサー契約を結んだと発表した。デトロイトで1月撮影(2015年 ロイター/Mark Blinch)

[東京 13日 ロイター]トヨタ自動車<7203.T>は3月13日、国際オリンピック委員会(IOC)と最高位のスポンサーである「TOP(The Olympic Partner)パートナー」契約を結んだと発表した。TOPパートナーとはオリンピック(五輪)をグローバルで支援する企業で、五輪マークを使って世界的な宣伝などができる。

競技場などで対象製品を使うことで、企業名や製品、ブランドの認知度向上にもつなげられる。1業種1社に限られており、今回IOCが新たに「モビリティ分野」を設け、初めてトヨタが選ばれた。

IOCのトーマス・バッハ会長とトヨタの豊田章男社長は同日、都内で会見した。バッハ会長は、分野名として「自動車」ではなく、あえて幅広い概念を持つ「モビリティ」という単語を使用したと説明した。トヨタの対象製品は乗用車、商用車、小型モビリティのほか、テレマティクスサービスといった車載情報システムなどを含んでいる。

現在はTOPパートナーとして米コカ・コーラなどが契約を結んでおり、トヨタで12社目。日本企業としてはパナソニック<6752.T>、ブリヂストン<5108.T>に次いで3社目となる。

契約期間は2015年から24年までの10年間。期間中には20年に東京五輪が開催される。ただし、日産自動車<7201.T>が現地で公式スポンサーとなっているリオデジャネイロ五輪が開かれる16年までは日本のみの権利で、グローバルでの権利になるのは17年以降となる。

バッハ会長は、トヨタが掲げる「持続可能な成長」というグローバルビジョンが五輪の目指す姿と共有できるとして、同社は「理想的なパートナー」と指摘。トヨタの燃料電池車「ミライ」に試乗したことも自ら明かした一方、豊田社長は、五輪という機会を「1つのショーケース」として未来のクルマのあり方を披露したいとの意向を示し、「五輪をゴールにするのではなく、その先50年を見据えたスタートにしたい」と述べた。豊田社長は20年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の副会長も務めている。

(白木真紀)
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。