中国がスーダンの武器産業を支援する理由

急激に勃興する武器輸出大国の秘密とは?

スーダンはIDEX2015において、弾薬だけではなく、装薬の原料となる火薬類も展示していた。これらはスーダンが原料など幅の広い裾野を構築しつつあることを意味している。当然これらの輸出も促進したいところだろう。

スーダンの兵器産業は当初、小火器などのプリミティブな装備が中心だったが、次第に高度な装備も生産されるようになっている。戦車、サーマルイメージャー、火器管制システムなども製品や模型が展示されている。小火器、ロケット弾の類はスーダンでの国産化ができているとしても、高度なシステムは現地での組み立てが精々だろう。

スーダン製兵器の内製率は引き上がっている

ブースを訪れたスーダン軍の将軍。中国人の姿はなかった

ただ、作りは粗雑だが中国製兵器をベースにした独自デザインの装甲車輌、自走砲なども製品化されている。製品のクオリティは高くないが、とにかく安ければよいというアフリカの市場では一定の需要がある。

また今回は砲弾などに使用される火薬の類も展示され、カタログも配布されていた。これらのものは既にスーダンで生産されており、内製率が上がってきていることが伺える。

だが前回のIDEXでも今回のIDEXでも中国人はひとりもスーダンのパビリオンで見かけない。通常このような場合「お雇い外人」である中国人がブースで技術的な説明を行うケースが多いのだが、スーダンのブースには技術の移転元である中国からの応援は影も形も見えない。中国は無関係であるかのように装っており、これは極めて不自然な光景だ。

次ページ中国の狙いとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT