米アップル、大型iPad生産を9月に延期=報道

12.9インチタブレットは9月投入の公算

 3月4日、米アップルは12.9インチの大型ディスプレイを搭載したタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の生産を9月ごろに延期する。ニューヨークで昨年9月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[5日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は12.9インチの大型ディスプレイを搭載したタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の生産を9月ごろに延期する。ブルームバーグとウォールストリート・ジャーナル紙が、関係筋の話として報じた。パネルの供給などが問題になっているという。

ブルームバーグによると、関係筋は、アップルが大型iPadの生産を2015年第1・四半期に開始する予定だったと語った。

一方でウォールストリート・ジャーナル紙は、生産開始は今年後半とうわさされていた、と伝えている。

同紙によると、状況に詳しい関係者は、アップルが新型iPadにUSBポートを加え、従来のUSBポートの最大10倍の速度でデータ送信できる技術を搭載することを検討中、と述べている。

また、キーボートとマウスに接続可能なポートを加えることも検討されているという。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。