菅義偉「悔いが残らないように」安倍氏追悼の思い 政治的に「対峙する内容は盛り込まないように」

拡大
縮小
9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬で友人代表として追悼の辞を読んだ菅氏。弔辞で意識したことなどを語る(画像:FNNプライムオンライン)
この記事の画像を見る(4枚)
菅義偉前首相は2日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、9月27日に行われた安倍晋三元首相の国葬で友人代表として追悼の辞を読んだことに関し、「安倍前総理にあいさつさせてもらう最後の機会で、悔いの残らないようにしようと思った」と述べた。
追悼の辞について、菅氏は、7月12日の安倍氏の葬儀のあと、昭恵夫人から友人代表として読んでほしいと依頼があったことを明らかにした。
国葬は政争の場ではないとして、(政治的に)対峙する内容は盛り込まないように気をつかった、という。ただ、「平和安全法制など国のために必要でやり遂げたことは(追悼の辞に)入れさせてもらった」と述べた。
国葬を実施することについて賛否の議論があったことについて菅氏は、「議論、方向は直前でない時に決めておいたほうがいい」と指摘し、国葬の定義や基準をあらかじめ設けておいたほうがいい、との認識を示した。
以下、番組での主なやりとり。

しっかり悔いの残らないようにしようと思った

梅津弥英子キャスター(フジテレビアナウンサー):多くの国民が注目し、賛否も分かれた安倍元首相の国葬が執り行われた。菅前首相が読んだ追悼の辞も話題になった。

菅義偉氏(前首相):安倍前総理にあいさつさせてもらう最後の機会だと思い、しっかり悔いの残らないようにしようと思った。

松山俊行キャスター(フジテレビ政治部長・解説委員):追悼の辞をいつ頃から準備していたのか。

次ページ東京・増上寺での葬儀が終わった後
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT