横浜冷凍は4拠点で被災、漁港の機能回復に懸念【震災関連速報】

横浜冷凍は4拠点で被災、漁港の機能回復に懸念【震災関連速報】

冷蔵・冷凍倉庫大手の横浜冷凍は、東日本巨大地震で発生した大津波により計4拠点が被災した。

被災したのは、仙台物流センター、東北水産事業部(宮城県仙台市)/気仙沼冷凍工場、東北水産事業部気仙沼営業所(宮城県気仙沼市)/八戸物流センター、東北水産事業部八戸営業所(青森県八戸市)/水産原料部茨城営業所(茨城県大洗町磯浜町)。

詳細は調査中「被災拠点の倉庫内部の保管物がどの程度被害を受けているかは不明」(経営管理部)。建物自体に大きな損傷はなく、従業員にも被害はなかったが、復旧の目処は立っていない。

倉庫自体の倒壊は免れたため、今後、復旧が特別難航するおそれは少ないものと見られるが、むしろ八戸、気仙沼など漁港自体の機能回復が問題。地元の大小倉庫業者が壊滅状態に近く、漁業者の横浜冷凍への依存度が高まる可能性はある反面、漁業の立ち直りが長引けば、逆に倉庫の稼働が低水準にとどまる可能性もある。

(内田 史信 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT