伊藤園は東北地方の一部営業所に浸水被害。倉庫にある商品数千ケースは寄付【震災関連速報】

伊藤園は東北地方の一部営業所に浸水被害。倉庫にある商品数千ケースは寄付【震災関連速報】

伊藤園は11日に発生した東日本大震災直後の津波の影響により営業所の仙台支店(宮城県仙台市泉区泉中央)と釜石支店(岩手県釜石市港町)が浸水する被害を受けた。

ただ、従業員の安全は確認済みで、営業所であるため製造機関に直接打撃はない。両倉庫合わせて数千ケースあるお茶、野菜ジュース、飲料水などの商品は被災地の山形県や宮城県の避難所などに13日60万本、今日14日10万本寄付している。

被災地のインフラが整っておらず、飲料を配送できないエリアもあるが、伊藤園は今後も最大限の支援を行う方針。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT