伊藤園は東北地方の一部営業所に浸水被害。倉庫にある商品数千ケースは寄付【震災関連速報】

伊藤園は東北地方の一部営業所に浸水被害。倉庫にある商品数千ケースは寄付【震災関連速報】

伊藤園は11日に発生した東日本大震災直後の津波の影響により営業所の仙台支店(宮城県仙台市泉区泉中央)と釜石支店(岩手県釜石市港町)が浸水する被害を受けた。

ただ、従業員の安全は確認済みで、営業所であるため製造機関に直接打撃はない。両倉庫合わせて数千ケースあるお茶、野菜ジュース、飲料水などの商品は被災地の山形県や宮城県の避難所などに13日60万本、今日14日10万本寄付している。

被災地のインフラが整っておらず、飲料を配送できないエリアもあるが、伊藤園は今後も最大限の支援を行う方針。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT