伊藤園は東北地方の一部営業所に浸水被害。倉庫にある商品数千ケースは寄付【震災関連速報】

伊藤園は東北地方の一部営業所に浸水被害。倉庫にある商品数千ケースは寄付【震災関連速報】

伊藤園は11日に発生した東日本大震災直後の津波の影響により営業所の仙台支店(宮城県仙台市泉区泉中央)と釜石支店(岩手県釜石市港町)が浸水する被害を受けた。

ただ、従業員の安全は確認済みで、営業所であるため製造機関に直接打撃はない。両倉庫合わせて数千ケースあるお茶、野菜ジュース、飲料水などの商品は被災地の山形県や宮城県の避難所などに13日60万本、今日14日10万本寄付している。

被災地のインフラが整っておらず、飲料を配送できないエリアもあるが、伊藤園は今後も最大限の支援を行う方針。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。